ダイエットに偉人の言葉を利用する!痛烈やる気が出るダイエット格言

ダイエットを成功させる、続けていくために、役に立つ言葉はたくさんあります。そういう言葉に触れることで、つらいダイエットを続けるために、自分を励ましたり、やる気を出すことができます。そんな言葉をいくつかご紹介します。

ダイエットを成功させる言葉は、自分で作ることもできます。それは目標です。自分が達成できるような目標を立てて、それを自分に言い聞かせることで、ダイエットが成功しやすくなります。

あなたは、ダイエットにも役立つ「言葉の力」を信じますか?

毎日家族や他人を話す会話、雑誌や本に書いてある名言や格言。それは時にはあなたを安心させたり、元気にしたり、やる気を出したり、大きなことをなし遂げる力になったりします。

ダイエットにおいても、「言葉の力」が役に立ちます。

言葉だけで?と思ってしまいますが、言葉の力の効果は高いです。言葉により、つらいダイエットを続けるときに自分を励ましたり、やる気を出したり、考え方を変えて楽しくダイエットができるようになることがあります。

また、ダイエットする自分が作る言葉も大事です。自分が作る言葉とは、ダイエットにおける「目標」ですね。
目標をしっかり考えて、自分に言い聞かせることで、ダイエットを成功しやすくすることもできます。

言葉の力を最大限利用して、ダイエットを成功させましょう。

ダイエットのやる気を出すための言葉

まずは、ダイエットのやる気が起きる言葉を集めてみました。特にダイエット初心者の方は、やる気をどんどん出して、ダイエットを頑張るのは効果が高いでしょう。

女性は「美しくなる」と決心すれば、それだけで自信が出てきて、今あるものを最大限に活用していける
(ミランダ・カー)

まず、「美しくなる」と決心すること。そうすると、今まではそう思ってなかったけど、今からは美しくなると思うから、今から自分は美しくなれる!ダイエットできる!という自信が出てきます。

さらに、自分は美しくなれる!と思うと、あなたの脳は不思議と、そうするためには何をすればいいか?を自動的に考えてくれます。人間の脳は、自分の望むようになっていないと、なぜ今はそうなっていないのか?と疑問を持ち、望む自分になろう、と働きます。ダイエットであれば、今のダイエットを続ければいいんだよ、と脳が言ってくるわけですね。

3 months from now, you will thank yourself.
訳:今から3か月後、あなたは自分自身に感謝するでしょう
(英語の格言)

ダイエットをしている今はつらいけど、継続していけば、効果が出ます。3か月後のあなたが、3か月前のあなたに感謝することを楽しみにして、ダイエットを続けましょう。

自分が本気を出せばいつでも痩せられる、と言っている間は痩せられない
(インターネットより)

実際に行動しないで、「行動すれば必ずうまくいく」と思うのは、とても楽です。思っているうちは失敗することがないし、つらい思いをする必要がありません。でも、それでは何も変わりません。ダイエットに限らず、どんなことも、実際に行動にうつさなければ、痩せることもできないのです。

この言葉は、ダイエットをしている自分は、思っているだけでなく実際に行動しているから、痩せられる!と思うことができますね。

ダイエットがつらい時、自分をふるい立たせる言葉

ダイエットを続けていると、必ずつらい時期が来ます。そんな時に自分をふるい立たせる言葉を、いくつかご紹介します。特にお腹がすいてつまみ食いしたくなった時に。

私は自分自身にお腹が空いていないと催眠をかけるの。そうすると魔法のように食欲が消える。もしくは鏡を見るの。鏡の中の私の身体を観れば、それを絶対に失いたくないと思うから
(ミランダ・カー)

自分自身に催眠をかけるのは、一見うさんくさい、効果あるの?と思われがちですが、意外と効果があります。自分に言い聞かせてみましょう。

また、今が自分の身体が理想の状態ではなく途中であっても、そこから前には戻りたくない!と考えるのも大事ですね。

どんなおいしい食べ物でも、やせているという快感にはかなわない
(ケイト・モス)

自分が大好きなおいしいものを食べるのと、自分が痩せているということ。どちらがより快感であるかは、もしかしたら人によりかもしれません。でも、それはやせてみないと、比べることができないのでわかりませんよね?
やせているほうが、おいしいものを食べるよりずっと快感かもしれませんよ!

What you eat in private, you wear in public.
訳:あなたがこっそり1人で食べているものが、あなたが人前で着るものになります。
(英語の格言)

ちょっとドキっとする言葉ですね。間食がしづらくなりそうです。ときどきは、これくらい厳しい言葉に触れるのもよいかもしれません。

ちょっと変わったダイエットに関する言葉

ダイエットに関する言葉で、ちょっと興味深いものを見つけたので、2つほど紹介します。

この味はもう知っている
(書籍「ココロでやせるダイエット」)

自分が大好きな料理やお菓子の味を、あなたは当然知っています。その味を味わうことで、幸せな気分になることでしょう。知っているから、また食べたくなります。
でも、もう知っているのです。その味を味わうことで得られる幸せは、既に知っているのです。

好きなものを食べなくても、他にも幸せな気分になることがあるのではないでしょうか。ダイエットしてきれいになったら、もっと幸せな気分になれるかもしれません。

食欲には負けて当たり前。相手はプロだもの。
(インターネットより)

ダイエット中にあなたが食べたくなるお菓子やジャンクフード。それは食品会社の人が研究を重ねて作り出したものです。プロが作ったものなのです。だから食べたくなるのは当たり前。我慢するのはなかなか大変です。ダイエットで間食しない!と思ったとき、あなたがたたかう相手はプロなのです。

だから、間食する誘惑に負けそうになる自分を、弱い、ダメな人間とは思ってはいけません。そう思うと、ダイエットは苦しくなります。自分を励ましながら、ダイエットを続けていきたいですね。

ダイエットの目標をしっかり立てて、言葉にして自分に言い聞かせよう

ここまではダイエットに関する言葉を紹介しましたが、今度は自分でダイエットのための言葉、すなわちダイエットの目標を作ってみましょう。

目標を作るのはとても大事です。

一度目標を決めたら、くよくよ考えずそこに向かってダイエットを継続するのみ。それがダイエット成功につながります。

ダイエットの目標は小さくこつこつと、を意識しよう

ダイエットの目標を立てるときに大事なのは、自分が達成できそうな目標を立てることです。
とはいっても、ダイエット初心者の方や、ダイエットするのが苦手な方は、少しのことしか達成できなさそう・・と思ってしまうかもしれません。

そんな時は、自分が達成したい目標を、小さく分けてみましょう。

10キロやせたい!であれば、まずは1キロやせる!という目標を作ります。それが達成出来たら、また1キロやせる、と繰り返します。自分が達成できる目標をたくさん作って、少しずつ、確実に進んでいけばよいです。

目標は、やせたい!よりはやせる!の方がいいですね。自分はこうなりたい、ということを意識して、目標を作りましょう。

ダイエットの目標を書いて、読んで、言葉の力を最大限生かす

目標ができたら、それを言葉として、自分に言い聞かせます。
まず、紙に書いてみましょう。言葉を頭の中に納めておくだけでなく、紙に書いて目で見ることで、自分自身に強く印象付けられるので、言葉の力は大きくなります。

これまでお話ししてきたいろいろなダイエットの言葉も、紙に書くといいですね。

紙に書いたら、それを自分が見えるところに貼ってください。毎日見えるようにしましょう。
もし他人に見られるのが恥ずかしいのなら、自分の手帳やノートに書いてもよいです。その時は、毎日手帳を開いて、必ず見るようにしましょう。

さらに、書いてある言葉を声に出して読み上げると、さらに効果的です。これも毎日できるといいですね。

言葉を頭の中で考え、目で見て、口に出して、耳で聞く。こうすることで、あなたが作った言葉の力を最大限利用できます。

言葉の力を使ってダイエットを成功させよう

つらいダイエットを継続するため、やる気を出すためにダイエットに関する言葉をご紹介しました。

これからダイエットを始める人に、やる気を出させる言葉。ダイエットがつらいときに自分を奮い立たせる言葉。自分の考え方を変えて、ダイエットが楽になるような言葉もあります。状況によって、それぞれの言葉を思い出すといいですね。

ダイエットを成功させるために、自分の言葉も作ってみましょう。自分が達成できるレベルの目標を作り、それを言葉にします。書いて、読んで、自分に言い聞かせることで、ダイエットへのやる気を持ち続けましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.