リラックスできるヨガと辛いホットヨガ。ダイエット向きなのは?

今回は話題のヨガについてです。ヨガの中でもヨガ(常温)とホットヨガの違いについて調べてみようと思います。

そしてダイエットにはどちらが向いているかを検証していきます。

そのためにはヨガ(常温)とホットヨガの特徴を比較します。基本的にはどちらもいいものでしょうが

それぞれの特徴を分析することで、より理解が進みご自分にあったものを見つける手助けになればと思っております。

< h2>ヨガ(常温)ホットヨガの特徴

まずはヨガ(常温)とホットヨガの特徴から勉強していきましょう。

ヨガ(常温)はどんなものなのか

ヨガ(常温)は普通の室内環境で行います。ヨガの特徴である独特の呼吸法を身につけることができる。

ヨガの呼吸法を「プラーナヤーマ」といい、この呼吸法をマスターすることで心身が安定し、太りにくい体質になるともいわれています。

この呼吸法はホットヨガにも共通するのですが、ヨガ(常温)の方が奥が深く勉強できます。

ヨガは有酸素運動になり、脂肪燃焼効果もあるとされています。継続してやることで、体のラインが引き締まり

普段の生活では使わないような筋肉と使うことで、体全体のバランスも整えてくれるので、姿勢も良くなり、体の引き締め効果もあり、サイズダウンも期待できます。

そしてヨガの様々なポーズをとることで、しなやかで柔らかい体を作り、独特の呼吸法を取り入れることでストレス改善、体力増強も期待できます。

ホットヨガはどんなものなのか

では次にホットヨガにいきましょう。

ホットヨガの定義は室温39度前後で、湿度60%前後に設定された室内で行うヨガのことです。

室温39度前後は体を一番柔軟にするとされる温度で怪我を予防してくれます。多湿な環境は発汗を促します。

ヨガの動きやポーズで自然に筋肉を伸ばしインナーマッスルを鍛える効果があります。

あまり汗をかかない人は、あえて高温多湿の環境に身をおき汗をかくことで、体質改善やデトックス効果が期待できます。

ヨガ(常温)とホットヨガの違い

ヨガ(常温)とホットヨガの大きな違いは行う環境の違いです。ヨガは手を加えない常温で行います。それに対しホットヨガは室温を39度前後、湿度60%のところで行います。

当然ホットヨガの方が、高温多湿の環境でやるので、大量の汗をかくことになります。ダイエットにも効果的です。

常温のヨガでもポーズをとることで、太ももやお尻、二の腕に聞くポーズがあるのでダイエット効果が決してないわけではありません。

同じ運動をすれば、ホットヨガの方が環境の違いで、ダイエット効果が高いというお話です。

ホットヨガはデトックスをしたい、冷え性やお通じを良くしたい、むくみを解消したい、痩せたい人向きではないでしょうか。

あと運動をいっぱいした感も得られるでしょう。汗をいっぱいかきますからね。運動が好きな人もホットヨガがお好きなのでは。

ヨガ(常温)の方は呼吸法や瞑想にも重点を置いてやるので、心をリラックスさせてくれるものです。

身体的な効果と精神的な効果、リラックスしたいであるとか、夜ぐっすり眠れるようになりたいと考えている方はヨガ(常温)がいいのではと思います。

高温多湿のホットヨガの注意点は?

ホットヨガは特別な環境が必要なので、デメリットや注意点もあります。

自宅では、できない。ホットヨガ教室に通わないといけない。急激な温度変化を繰り返すことで、自律神経を乱す場合がでてくる。

水分補給をきっちりしないと脱水症状を引き起こす場合もある。などがあります。

また、ホットヨガの特徴の高温多湿が合わない方も中にはいらっしゃると思います。あえて体温が上昇しやすい環境を作っているので

ゆったりとした動きでも体温の上昇が見込まれ有酸素運動の効果を高めてくれますが、それについていけない人もいます。

大量に汗をかくのも特徴ですが、汗をたくさんかいて、着替えるのが嫌な人にも不向きですよね。

あとヨガを本格的にやりたい人にも… ヨガ(通常)はポーズや動きも多種多様です。それを求めている方はホットヨガは向いていません。

ホットヨガは激しい動きはできません。激しすぎる動きやポーズは脱水状態になる恐れがあるからです。

このようにホットヨガの特徴である高温多湿が合わない人もいるのは事実です。気をつけましょう。

ヨガ(常温)とホットヨガのどちらがカロリー消費が多い?

ホットヨガの方が、汗を大量にかくことから、消費カロリーも圧倒的にホットヨガに分があるのかと思いがちなのですが、以外と大差はないということがわかりました。

60分あたりの消費カロリーで比較してみましょう。

ヨガ(常温)は約200キロカロリー、ホットヨガは約300〜350キロカロリーとなっております。

1時間あたりの差が100〜150キロカロリーはそんなに大差はないと言える程度です。どちらが痩せるとは言い切れないレベルの差になります。

あえて差をつけるのであれば、ホットヨガに軍配があがる感じです。数字的にはホットヨガはヨガ(常温)の1.5倍〜1.75倍のカロリー消費をすることになりますし

むくみに関しては汗を大量にかくホットダイエットは効果があるといえるでしょう。

ヨガをおすすめしたい点は

ヨガ(常温)、ホットヨガ共に共通するおすすめポイントは、美肌効果、血流改善、柔軟性などの肉体的なメリットと、精神の安定や、ストレスの解消など

心身の健康を保つのに最適なエクササイズではないかと思います。

ヨガ(常温)のメリットは

場所を選ばずにどこでも手軽にやれるのが減りとになります。ホットヨガに比べると、深く呼吸しながら、心を無にして自分と向き合うことができたり

精神的な部分に重点をおく方にはいいかもしれません。副交感神経リラックス効果や質の高い呼吸法で健康効果が期待できます。

また伝統的な流派のポーズや説明を聞きたいという方もヨガ(常温)が向いています。

ホットヨガのメリット

ホットヨガの最大の特徴は大量の汗をかくということです。あまり汗をかかない現代人にとって、汗腺トレーニングにもなり、熱中症の予防にもなるといわれています。

汗をかくことで、爽快感や達成感を味わうことができるでしょう。また、高温、多湿の環境が、筋肉の柔軟性を増してくれ

体が動きやすくなるため体が硬いからという理由で二の足を踏まれている方にも、オススメです。

しかし動きやすいからといって伸ばしすぎたりするのは注意してください。何事も適度がありますから、自分のペースを守ってやるようにしましょう。

ヨガ(常温)とホットヨガどちらを選ぶ?

ヨガ(常温)、ホットヨガのどちらを選んでも基本的な呼吸法や、ポーズは共通したものがあります。

「効果がこんなに違うんだ」というほどのこともないようですし、長き継続できるものを選んでいくのが大切です。

暑いのが苦手で、体力的に自信がない人は、常温ヨガをやるのがいいかもしれません。

それを経験してから、ホットヨガにも興味がわいたらまた挑戦するという形もあります。

どんどん汗をかいてスッキリしたい、爽快感を求める人は最初からホットヨガをやってみるといいでしょう。

どちらを選ぶにしても、重要になってくるのはインストラクターの相性とかでも変わってくるので、

体験レッスンなどを積極的に利用して、自分に合うヨガスタイルで体を鍛えられることをお勧めします。

ヨガ(通常)とホットヨガ違いは多少ありますが、とにかく体を動かすことは健康にも精神的にもいいことが多いので、やってみてください。体が変わってきますよ!
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.