ゼロコーラの真実。ゼロと付くものは本当にダイエット効果がある?

ゼロコーラダイエットなど、ゼロと付く商品を用いてダイエットされる人は、今ではそれほど少なくない状況です。

ゼロコーラの場合、ファットゼロといった商品とは違い、効果がすぐに出るという良さがありますので、今のような人気にも納得することができます。しかし、原理について触れている情報サイトが少ないため、今回は、なぜゼロコーラでダイエット効果を得られるのか、そのことを詳しく案内していきます。

ゼロコーラの噂!ダイエットに良くないというのは本当?

ゼロコーラについて、ネット上の情報をまとめると効果があるのか無いのか、その辺りがハッキリしないというものが多いです。ですが、近年では効果があるという意見が増えてきました。

その理由ですが、人工甘味料の作用を知っていると、ゼロコーラのダイエット効果についても理解できるようになります。

  • 甘さを感じることができる
  • 使用されている両そのものは少ない

上記のような作用を、ゼロコーラも含んでいるのです。人工という表現が用いられているため、添加物のように、体に悪い物質なのではと勘違いされている人もいますが、実際は、研究に研究を重ねて、人体により良い物質へと変わっていっているのです。

ちなみに、ゼロコーラはダイエット目的で飲むものではありません。従来のコーラなど炭酸飲料と比べて、甘みを抑えてあるため飲む量が自然と減る、そのような考えで生産されているものです。

なので、高いダイエット効果を求めてゼロコーラを飲んだり、ゼロと付く商品に過剰な期待を寄せても、あまり意味がないでしょう。

具体的な研究結果!データから見るゼロコーラのダイエット効果

今でも、ゼロコーラなど人工甘味料が使用されている商品を用いて、研究を重ねている機関が数多く存在します。

そのため、以下のような英国ブリストル大学Rogersの研究結果など、人工甘味料に関するデータも数多く存在するのです。

  • 摂取エネルギー量の増加は見られない
  • 砂糖よりも健康促進で良い結果が出ている
  • 効果は大人、子供で違うわけではない

この結果を見ると、痩せることができる飲み物というより、健康促進に良い飲み物であることを理解できます。

ただし、あくまでも常識的な量を継続して飲んだ場合の話です。水と比較すると、最近になって生産されるようになった飲料水なのは確かでしょう。

なので、ゼロコーラはダイエット向きではないという意見に対しては、ダイエット向きというデータが出ていると言えますし、他の飲み物と比較した場合も効果的かと問われると、それほどではないという結論になります。

ただ、このような研究結果の影響もあり、今では、昔に比べてゼロコーラの評価が変わってきています。コーラというと、どうしても太るというイメージを崩せないものでしたが、将来的には、ダイエット前提で飲む人が出てくる飲料水かもしれません。

人工甘味料だから太る!?太る、痩せるの情報が錯綜している理由

ゼロコーラだけでなく、人工甘味料を含む飲料水の情報を調べていると、以下のような曖昧な情報を目にすることが多いです。ですが、これらの情報には根拠となる情報が付随していないため、それほど信憑性のある情報と思わないほうが良いでしょう。
  • ゼロコーラは太る
  • ゼロコーラは痩せる
  • 体内に悪影響を及ぼす

人工甘味料について、太る、痩せると論議することはナンセンスかもしれません。

というのも、人工甘味料を多く使用している飲料水は、炭酸飲料以外にも多く存在するからです。近年では、スポーツドリンク、エナジードリンク、栄養ドリンクなどにも含まれていますし、ドリンク以外では、焼き肉などに使用するタレにも配合されていることがあります。

そして、人の体が太ったり痩せたりするのは、体に脂肪が蓄積していくからです。

そのため、人工甘味料を摂取しただけで太るということはほとんどありません。食事量が多い、長期間で運動を行っていない、食事時間、回数が不安定といった問題を抱えていない限りは、そこまで体重の変動が大きくなることもないのです。

なので、これから人工甘味料に関するダイエット情報を見つけた場合も、安全性を重視すべきであって、ダイエット効果を期待する、太るといった情報を見つけた際も、どのような原理で太るのか、そのことを明らかにしていない場合は、信憑性の低い情報として受け止めたほうが賢明でしょう。

ただし、人工甘味料を過剰摂取した場合は太ります。これは、ゼロコーラだけでなく、ダイエットに良いとされている飲み物でも、同等の問題が起きることはあります。

その理由ですが、インスリン分泌で大きな問題が起きてしまうからです。

・インスリン

膵臓(すいぞう)で分泌される体内ホルモンのことです。

インスリン分泌が盛んな場合、高血糖値など、糖質による体内の危険な問題を解消しやすくなるとされています。

インスリンは、体内の糖質を分解することで、結果的に血糖値を下げる働きがあります。素晴らしい体内の機能なのですが、老化、もしくは臓器そのもの異常によって、インスリン分泌を盛んに行えなくなる人もいるのです。

このような人は、前述の高血糖値の問題を回避することが難しくなるため、糖質の過剰摂取は体に悪いと言われています。この問題は糖質が少ないとされる飲み物でも、過剰摂取されていると、少しずつ問題が表に出てきやすいため、糖質の量だけでなく、摂取タイミングも重要とされています。

こんな時にゼロコーラ!朝食はダイエットを効率良く進めるコツ

ゼロコーラによる初歩的なダイエット方法ですが、朝食を取らずにゼロコーラを飲むようにします。

朝食を我慢すると体に悪いという意見もありますが、重要なのは1日の栄養摂取量、そして、カロリー量であることを理解しておきましょう。

人によっては、朝食を食べないと元気になれないほど、体調不良に悩まされている人もおられます。このような人は貧血気味であったり、もしくは、精神の不調を訴えることが多いのですが、食事を通じて適度な糖質、脂質、炭水化物を摂取することは、生命維持の観点からも重要なことです。

また、このような人が世の中には一定数いるため、朝食を食べないと体に悪いという意見が存在するのです。

ですが、この意見に関しては今のところ明確な答えが出ていません。というのも、医師でさえも朝食を支持する人、支持しない人が存在するからです。

ただ、ダイエット目的であっても、まったく朝食時に栄養補給を行わないのは良くないので、せめて糖質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンを補給できる、携行食品などを持っていたほうが良いと言われています。ゼロコーラは、このような条件に該当する飲み物の1つです。

また、ゼロコーラだけでは全条件を満たせるわけではないので、ダイエットのために朝食を抜いているのであれば、カロリーメイトのような食品も食べるようにしましょう。お腹が空きすぎると、食欲が急に高まることもあり、このような状態の食事をドカ食いと言います。

・ドカ食い

ダイエット時に行ってしまいがちになる、いきなり食事量が増えてしまう食事のことです。

良く噛まずに食べ物を飲み込んでしまうことが多く、食事量が過剰であっても、食欲を抑えられなくなるといった問題が起きやすいです。

お気づきの方もおられるかと存じますが、ドカ食いこそがリバウンドのキッカケに相当する行為です。今までダイエットに成功したことがない人ほど、過度な食事制限によりストレスが高まりやすく、ストレスを減らす目的でドカ食いをしてしまう人もいます。

痩せるための我慢は重要な心がけかもしれません。ですが、どのような人であっても忍耐、そして内臓の丈夫さはほぼ同じなので、自分の生活を破綻させるダイエットを行うより、ゼロコーラで、そのような問題を回避されたほうが賢明と言えるでしょう。

人工甘味料の力!ゼロコーラは食欲をごまかすことができる

脳に与える影響も含めて、ダイエットのためにゼロコーラを飲むという人もいます。

というのも、ゼロコーラを飲むことによって、お腹が空いた時のアドレナリンの問題を抑えることができるからです。

具体的なアドレナリンの問題とは以下のとおりなのですが、どの問題であっても、簡単に解決できる問題ではなく、なにかしらの対策が推奨される問題となります。

  • お腹が空きすぎる
  • 集中力、記憶力の低下
  • 正常な反応を示さなくなる

人は何かに集中している時、お腹が減っていても我慢できることが多いです。実際に楽しいことをして時間を潰している時は、お菓子を食べるだけで食欲を抑えられますし、なによりストレス発散が上手くいっているため、小さなストレスでクヨクヨすることも減っていきます。

ですが、ダイエットのために食事制限を行っていると、ゼロコーラなどから甘みを得ることが減っていき、アドレナリンの分泌が自然と起きることが減るのです。

脳は体内に存在するエネルギーを使用し、脳の活性化、そしてホルモン分泌を行っているので、アドレナリンもこの条件を元に分泌が行われています。また、脳が正常に動かない場合は、集中力、記憶力の低下が著しいだけでなく、アドレナリンなどの分泌が元の状態に戻りづらくなるといった、厄介な問題が起きることもあります。

そのため、ゼロコーラのような飲料水の刺激を受けて、意図的に脳を活性化させることは、それほど悪いことではありません。

また、しっかりと栄養摂取を行っていない体の場合、体型などを維持することが難しくなることもあります。具体的には、皮膚が乾燥肌になりやすく、免疫力の低下もあり、シワ、くすみといった老化に関連した問題が起きやすくなるのです。

ダイエットは美容にも通じているので、痩せることだけでなく、本当に自分に合っている範囲で行っているか、そのことも考慮に入れて、ゼロコーラダイエットなどを行ったほうが安全でしょう。

リバウンドの原因から学ぶ!ゼロコーラを飲むべきタイミング!

ゼロコーラは、なにも間食を減らす目的で飲むばかりではありません。

近年では、食事前、食事中、食事後を意識して飲む人もいます。また、このような食事方法は日本では珍しいとされていますが、欧米、欧州では、それほど珍しいことではありません。

というのも、海外では食事に合ったスパークリングウォーター、炭酸飲料が存在するからです。このような食事の文化は、外国では100年以上も前から存在しますので、ゼロコーラなどを用いた食事法が、日本でも、ようやく確立されるようになってきただけなのです。

また、ゼロコーラを飲むべきタイミングですが、理想は食事前に絞り込むというものです。

その理由ですが、以下のような健康効果を得られますし、ダイエット効果を期待することもできるからです。

  • 空腹感を抑える
  • 食事時間が長くなる

甘味料、人工甘味料ともに、甘いものが食欲に作用することは周知の事実です。

甘いものを単品で食べてしまうと、かえって食事量が増えることもあるのですが、甘味料をわざと摂取することで食欲を抑えるダイエット法は、昔から存在するダイエット法の1つとされています。近年でも、甘めのコーヒーを飲む、サラダなどに甘めのドレッシングを使用するなどして、満腹感を得るダイエット法、テクニックが多く誕生しているのです。

ゼロコーラの場合、炭酸飲料として飲みごたえも十分です。しかも、味、匂いともに悪くありませんので、飲んでいると幸せな気分に浸れるのですから、ダイエット以外でも飲みたくなるのは当然でしょう。

また、食事前に飲むのが理想的なのは、食事中、食事後では空腹感を紛らわせることが難しいからです。人によっては、しょっぱい、甘いという感覚を得ることで、通常より食事量が増えてしまう人もおられるので、無理にダイエット目的で食事中、食事後に飲む必要は無いでしょう。

甘いものを摂取するリスク!有名なリスクにはどのようなものがある?

甘味料、人工甘味料ともに、過剰摂取すると危険とされていますが、それは、以下のようなリスクを負ってしまう可能性があるからです。

  • 急な眠気などが発生する
  • 自律神経に影響を及ぼす

そもそも、過剰摂取と言われるほど甘味料などを摂取する人が少ないため、これらのリスクについては、それほど世間的に認知されているわけではありません。

ですが、精神に異常がある人の中には、糖質に依存してしまう体質の人、もしくは、睡眠バランスが完全に崩れてしまっている人もおられるのです。糖質は、体内でエネルギーに変換される物質なのですが、使用されなかった糖質は、内臓脂肪に蓄積されるようになります。

すると、太りやすい体質になってしまうこともありますし、人によっては、自律神経と呼ばれている、交感神経、副交感神経に影響を及ぼす神経が、段々と乱れやすくなることもあるのです。

過度なダイエットを行っている人も、血流の問題、自律神経の問題を負っていることが多く、肉体、精神ともに不調を重ねていることが多いです。なので、痩せるという目的のために、健康を蔑ろにするのは良くありません。

自律神経の問題が長く解消できないでいると、ダイエットを行う気力が低減するだけでなく、夜になっても眠気が発生しない、就寝中に覚醒してしまうことが増えるといった、生活に強い悪影響を及ぼす問題まで起きてしまいます。

このようなトラブルも存在するので、気持ちを楽にしてダイエットを始めたい場合は、ゼロコーラなどを用いてダイエットを始めたほうが安全でしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.